大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


verywood for kids

垂水の子育てグループさんの子育て奮闘中のお父さん応援企画「イクメン育成塾」の第二弾に大抜擢!

今日は、神戸は垂水の駅前にお呼ばれしての親子参加の木育。桧のころ、キッコロをけずるワークショップと、お父さんお母さんには、森や林の話を。
d0076419_0235234.jpg

d0076419_0235595.jpg

みんなが揃うまで、しばし積木あそび
d0076419_023592.jpg

気がつくと、塔ができたり…
d0076419_024378.jpg

d0076419_024693.jpg

橋がかったり…
d0076419_024104.jpg

d0076419_0241463.jpg

d0076419_0241863.jpg

塔も二本たちました!
d0076419_0242281.jpg

そしてワークショップスタート!
d0076419_0242628.jpg

d0076419_0251973.jpg

d0076419_0243349.jpg

d0076419_0243787.jpg

d0076419_0244148.jpg

d0076419_024441.jpg

d0076419_0245567.jpg

d0076419_0245761.jpg

d0076419_0244830.jpg

d0076419_0245220.jpg

d0076419_025031.jpg

d0076419_025495.jpg

木ぃホルダーもできたどー
d0076419_0251511.jpg

そして、絵本読み会も
d0076419_025772.jpg

まつりのあと
d0076419_0251136.jpg

四代目のパートナー明石木材さんのレポートも素敵
[PR]

by oootsu | 2011-07-31 23:59 | ×木育

地鎮祭

無事解体も終わり、本日、地鎮祭の日を迎えられたOさんの家。
おめでとうございます。
d0076419_18522454.jpg

↓今回は、農家さんということもあり、押部の地神さんの住吉神社にお願いしました。
d0076419_18522881.jpg

↓木塀も残して、修繕します。
d0076419_18523432.jpg

↓止む無く解体された旧家の古材も活用!
d0076419_18524639.jpg

d0076419_18525010.jpg

↓たくさんの石たちも、庭やアプローチで変身!の予定。
d0076419_18525481.jpg

↓エイエイエイ!
d0076419_18525867.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-07-30 18:45 | ▶古材活用2世帯住宅O邸

コクリコ坂から

坂道をくだる自転車が飛んだりするようなファンタジーはありません。
日々のこと、毎日を生きる人々を描くこの映画に、四代目はぐっと来ました。

声優として、本作に参加している石田ゆり子さんは語っています。
その断片をここに少し。
d0076419_22442799.jpg

この映画は、誰も飛ばないし、妖精もでてきません

日常の中にある小さなことをきちんと描くことは、普段忘れている幸せを探し出すこと

平穏に毎日が過ぎていくことは、なんて幸せなことなのだろう

毎日を、丁寧にいきたい


極上の日常と、日々の穏やかなくらし。僕たちのめざす家つくりの答えがつまったような映画でした。

くらしのヒントや気づきを集める。それらを見える化して願いを込めて図面におとし込む。ほどなくして、その場所に営みが始まる。もう一度、顧みて。

ちなみに、上を向いて歩こうの歌詞にでてくる春夏秋冬の夜がありますが「一人ぽっちの夜」とクレジットされています。濁点ではなく、ぽっちなのです。

しかるに、工務店の勉強会の仲間の社長さんで、あえてその方が気分がいいからと、家づくりを、家“つ”くりと表現される方がいます。

楽しいにつながる軽やかな言葉の響き。

些細なことのようでなるほど、愉しい!

じっくりコトコト時間をかけて、木の家つくり、愉しんでみませんか。
[PR]

by oootsu | 2011-07-27 22:35 | +四代目の考えること

森は海の恋人。

d0076419_15155077.jpg

かつて、雑木の森としての広葉樹を伐り、杉や桧などの針葉樹を植えました。それが林となり、林業がはじまった。

現代、きこりのおっちゃんも、人手不足やなんやらで、老齢木から切り出すので精一杯。と山に入ったらよく聞きます。

間伐だって大変な手間がかかります。

そんな中、東北の漁師さんたちが、山に植樹をする活動を展開されています。
NPO法人 森は海の恋人
この度、被災されたみなさんですが、今年も例年通り、植樹祭を決行されたそうで、頭がさがります。

山と海を繋ぐ川。そこにある水や多様な生態系は、森の緑がつくりだしている。

国産木材をちゃんと使って、光合成、つまりは二酸化炭素を吸ってたくさん酸素をこしらえてくれる、若木を植える。

森ではない林には、この循環が必要です。

さらには、多様な林を再構築しようと、皆伐したあとに、広葉樹、つまりは、もう一度雑木を植えようという活動も広がっています。

山に入って、もうひとつよく聴くのは、せっかく植えた苗木が、鹿に食べられてしまうというもの。

針葉樹ばかりの林には、広葉樹を中心としたどんぐりなどの木の実が少なく、動物たちも食事に困っているのです。

けれど、針葉樹に比べて、手間暇のかかる広葉樹。これからに期待です。

そして、そんな動物と森の関係を、やさしい目線で再構築するみなさんも。
日本熊森協会
源に目を向けるきっかけになればと。
[PR]

by oootsu | 2011-07-23 15:15 | ×国産無垢木材

完成という名の始まり

d0076419_22254842.jpg

先週の日曜日、少し前に完成した「お花教室と茶室のある家」ことMさんのお住まいへお伺い。

リフォーム費用の精算に訪れたのですが、今後の教室利用の展望なども拝聴。

主催他催問わず、綺麗に仕上がったお部屋と、お花や茶道というナイスコンテンツを活かしましょうというお話しに。

当店プロデュース、あるいはコラボで楽しいを演出したいと考えています。乞うご期待。

完成してお引き渡しをするのは嬉しい反面、娘を嫁に出す気分で、実は四代目的には寂しいのです。

けれど、離れても娘は娘。
愛し愛されて育って欲しい。
今後も、そのお手伝いができれば建築屋冥利に尽きるというものです。
d0076419_22254374.jpg

軒先にあった、さるすべりの樹。手違いで枝を伐ってしまったのですが、玄関の手摺にすることをご提案。失敗から学ぶこともしばしばです。残された幹から、新芽が育っているのを見て、自然の恩恵を賜った気分。

そして、最近は、写真にも映っている、角がきちっと出たスクエアなスイッチ&コンセントプレートをご提案しています。

優しい素材感のインテリアにあって、キュッと室内を引き締めてくれる大事なデザインファクターです。

竣工写真は後日アップします!
[PR]

by oootsu | 2011-07-19 22:06 | ∧お花教室と茶室のある家

包む

Oさんの車庫。
防水シートを張って、雨仕舞は一旦完了。
d0076419_1034412.jpg

d0076419_10345455.jpg

d0076419_1035322.jpg


四代目パートナー、タコモクさんによる解説。
桧の破風板のこと
野地板、屋根にあがる
杉無垢材、厚い野地板のこと
瓦リユースのこと
[PR]

by oootsu | 2011-07-16 10:31 | ▶古材活用2世帯住宅O邸

鉄を木で守る

Oさんの家。着工前にまずは、車庫を。
先日あがった鉄骨の架構に、不燃処理をした杉の屋根を伏せて。昨日は、猛暑の中、土間にコンクリートを打ちました。

屋根が掛かって、日陰になるから大丈夫かなと思いましたが、この気温。
暑さで、刹那に乾き始めるコンクリートと、それをキレイに押さえようとする左官との勝負。
d0076419_13133581.jpg

d0076419_13133924.jpg

d0076419_13134487.jpg

d0076419_1313484.jpg

d0076419_1313533.jpg

何とか間に合いました。
そして念のため、養生して帰った昨日。
↓左端の人は、カールおじさんではなく棟梁です!
d0076419_1314145.jpg

中は、なかなか力強い仕上がり。
d0076419_13142023.jpg

赤味が張った杉はパワフルな印象。
d0076419_13143072.jpg

d0076419_1314365.jpg

d0076419_13144173.jpg

夕景
d0076419_13144426.jpg

しかーし、今日は昼前から唐突な雨が。
今週はお天気に恵まれると思っていたのですが。。。
[PR]

by oootsu | 2011-07-12 13:00 | ▶古材活用2世帯住宅O邸

古瓦活用⓪カワラリサイクル

古材をたくさん活用する、押部の二世帯住宅Oさんの家。
d0076419_2121527.jpg

旧家の建て替えに先んじて、車庫を鉄骨で新築。母屋の瓦を大切に車庫の屋根に葺き直します。
で、ブルーシートを敷いたところの瓦を一旦、めくって降ろしました。

↓淡路のいぶし瓦です
d0076419_21215763.jpg

d0076419_2122125.jpg

↓そして、今日は鉄骨の建て方。
d0076419_2122473.jpg

↓柱を建てたら…
d0076419_2122115.jpg

↓合掌を吊り上げて、セット!
d0076419_21221577.jpg

d0076419_21221897.jpg

木造大好き四代目ですが、鉄骨も武骨で力強くてよい。屋根や壁は大工さんが木工事で仕上げます。
屋根は、不燃処理した化粧野地を魅せて、
外壁は、焼板を張ります。

ということで、今回も杉三昧。
もちろん国産木材です。日本の木で建てる!

この後につづく母屋の意匠はもちろん、押部谷の農村になじむ素材を採用していきます。
[PR]

by oootsu | 2011-07-06 21:05 | ▶古材活用2世帯住宅O邸

くらしにFIT

d0076419_21175142.jpg

Sさんの住まい。バルコニーより、軒先を見る。深い軒と、羽根を動かせる簾的雨戸を採用。夏の涼しいを積極的に、形にしました。

なので、そんな素敵な雨戸を仕舞う、戸袋も素敵にする予定。

そして、バルコニーの笠木は、丸棒手摺り付きのアルミ製にしました。板金やさんに匠な曲加工を見せてもらう予定でしたが、布団干しの際、洗濯バサミがかけやすいようににと。そういうのが意外と重要なのです。
d0076419_21174737.jpg

このあと、バルコニーの腰壁には、名産地奈良は吉野の桧を張ります。梅雨時もいい香りがすること間違いなし!

その他、長期優良住宅先導事業Sさんの住まいの工夫の作法は、四代目パートナータコモクさんのブログに詳しく。
→杉の通気層
→杉の厚床
→杉の戸袋
→桧の玄関枠
→桧の玄関框
[PR]

by oootsu | 2011-07-02 18:49

いつも側に。

大改造のI邸に、カーテンがついたので、様子を見に行ってきました。
それはそうと、おばあちゃんの寝室に設えた、造り付けのガラス棚が素敵になってたのでパチリ。
d0076419_182285.jpg

今は亡きおじいちゃんとの旅の思い出の品々を飾ろうってことで、こしらえたもの。
d0076419_18221110.jpg

新たに増築した広縁側から、ちゃんとお人形さんたちの背中も見えて、明かり採りにも。綺麗に飾って頂いて嬉しい。

リフォームの時に、片付けや始末は大切やけど、思い出はのけてしもたら、あきません。
[PR]

by oootsu | 2011-07-02 18:14 | ∧回遊できる家I邸