大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:☆四代目のB面( 13 )


秋色

秋。
目に映るものも鮮やか。
乾いた季節は、やっぱり色が綺麗。
d0076419_2313261.jpg

d0076419_23133176.jpg

d0076419_23133993.jpg

d0076419_2332572.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-10-04 23:09 | ☆四代目のB面

少し西へ。

夏季休暇に、久々に姫路へ行ってきました。設計事務所時代に通いなれた街です。が、駅構内は大きく様変わり。馴染みのお店もどこへやら。

大改修真っ盛りの姫路城を中心に、ドライブしながらの夏の一日。

仮設の建物から、お城を正対して見れます。
d0076419_18404738.jpg

フェンスには、左官やさんなど職人さんのシルエットが。
d0076419_18405011.jpg

光と影。
d0076419_18405756.jpg

つづく白壁。
d0076419_18411151.jpg

見上げれば、養生。
d0076419_1841149.jpg

文学館では、魔女の宅急便展を。
d0076419_18411627.jpg

そして、書写山へ。
d0076419_18412023.jpg

d0076419_1841239.jpg

d0076419_18414129.jpg

d0076419_18415461.jpg

一度、秋に訪れたことがありましたが、ひぐらしの鳴く頃、晩夏の山頂もなかなか。
清水様式の本堂は力強く。
[PR]

by oootsu | 2011-08-29 03:26 | ☆四代目のB面

夏の香り

昨晩は、雷さんもご機嫌斜めな、大雨に見舞われた地元明石。

明けて、昼食は冷奴に素麺、水那須の漬物にスイカ。水っぽくて優しい夏の食事。

今日は、長兄夫婦が娘を連れて帰郷。

庭の緑と雨を、すり抜けて吹く風は、本来心地良く、畳の上でうたたね。
そんな姪っ子に癒されて。
d0076419_1493291.jpg

d0076419_1493570.jpg

添い寝するのは、親父がこしらえた、コアラと象さん。
[PR]

by oootsu | 2011-06-26 14:00 | ☆四代目のB面

スジャータ

昨日は、神戸市役所帰りに友人を誘って一杯。
塩屋のワンダカレーにあったフリーペーパーを見て共感。雑居ビルの四階にあるバー「スジャータ」へ。三ノ宮と元町の間にあります。

写真は夜ですが、休日の夕方なんかは、カウンターから見える都会の窓辺はなかなか素敵で、吹く風が魔法のようにお酒に交わって。

マスターと話せば、友達の友達であることがわかったり、好きな本のことを語ったり。なかなかそれはそれは。

日常にビタミンを。

d0076419_13444470.jpg

d0076419_13444868.jpg

↓珈琲もうまい
d0076419_13445210.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-05-21 13:41 | ☆四代目のB面

神戸に にじゆらさんのフラッグショップがオープン!していました。

三ノ宮にて太陽光の研修後、ふらっと発見。センター街の南、マザームーンカフェのある通りです。

大阪堺市発の注染手ぬぐいのお店。京都や大阪につづき待望の出店。こだわりの「注染」という技法でこしらえた素敵な紋や意匠。是非実物を手にとってみてください。
作家さんとのコラボやモビールも!

しばしば「古風」なんて形容詞をつけられる四代目ですが、十年来、手ぬぐいを愛用する青年であります。

GW前に開店したというお店は五坪ほどの小宇宙。連休も過ぎて、客足もひと段落したという店内で、店長さんと談笑。

ご自身は神戸の方で、オーナーの奥さんとご学友だとか。

今度、木のいえに合う、のれんを手ぬぐいの生地で、なんてオーダーをしてみたり。
d0076419_19524989.jpg

d0076419_19525250.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-05-11 19:54 | ☆四代目のB面

チキンバンバン

d0076419_10295441.jpg

チキンジョージへ、十年来のお気に入りバンド バンバンバザールの神戸講演へ。

音も場所も人も素敵。
既に中年バンドと言ってもおかしくない三人ですが、立派なお腹まわりもよろしく、楽しくて暖かい夕べでした。

お客さんも、子供連れもいて、とってもアットホーム。

ヴォーカル、ギター、ウッドベースのメンバーに加えて、ピアノ、ドラムス、バイオリン、チェロ、ビオラの豪華編成!

昨日は、忌野清志郎さんの命日。
ヴォーカルの福島さんも、RCキッズだったようで、清志郎さんへのオマージュなる曲も聞けました。

ちなみに、アンコールのあと、一緒に歓談できるのですが、ギターのとみやんは、地元が明石でしかもご近所。なつかしトークに花が咲きました。
[PR]

by oootsu | 2011-05-03 10:32 | ☆四代目のB面

[side-B]その靴、27cm。

夕刻。帰宅。玄関。たまたま。

振り返れば、いつもの奴が
いつもと違うポーズで。
d0076419_18435727.jpg

よそいきな、非日常的たのしさ。

まあ、それもええかもしれまへん。

そやけど、穏やかで、それでいて極上の日常を
送るための、そのヒントは、こんなところにあるのでしょう。

日常のなかにひそむ、愉(たの)しい!を
見つける楽しみ。

なかなか、いとおかしではありませんか。
[PR]

by oootsu | 2009-07-09 18:46 | ☆四代目のB面

[side-B]天の川をわたれば。

「織姫と彦星が再会する今日、あなたは何を願いますか?」
七夕は“子供心”だけでなく“乙女心”をもくすぐる特別な日。
ロマンチックな気持ちで今日一日を過ごしませんか。

という日だそうです。今日の七夕。

花嫁募集中の四代目も、乙女ではありませんが、
トキメキを隠せない、風鈴の似合う季節の風物詩。

近くの花屋さんでも、笹の葉さらさら。
d0076419_9421697.jpg

この暑さで、カラカラなのはご愛嬌。
もうひと踏ん張りやで!笹さん!

天の川、きれいにみえますように。
[PR]

by oootsu | 2009-07-07 09:44 | ☆四代目のB面

[side-B]素晴らしきかな人生

d0076419_8343915.jpg

大好きな服部緑地野外音楽堂へ
大好きな音楽フェスに行ってきました。

春のポップ&ピースな音楽フェスティバルspring fields2009!
d0076419_8264496.jpg

天井が無いんです。
ジェリー・ガルシアも云うてました。
空の瓶が満たされることはない。
私たちは空の下で
満たされる時間を造ります。
丘の上で
同じ息をすったり
口をぽかんと空けてみたり
ごろんと寝そべってみたり
わらってみたり
虹をみたりする。

ひふのしたで
ゆったり凪がれるのは
こんな音楽がいい。
d0076419_8352471.jpg

とは、同じ会場で、毎年秋に行なわれる
野外音楽祭rainbowhill!
のHPから引用。

歴史的な音楽祭が多数催されてきた、大阪は服部緑地・野外音楽堂。
青空の下、演奏者と聴衆が一体となって音楽を楽しめる緑豊かな環境の中
野外音楽祭「服部緑地 Rainbow Hill」2005年に開催されました。 

2009年は10月11日(日)に開催決定です!
d0076419_8355435.jpg

そして、その歴史の重い扉をあけたのが…
【春一番】70年代 大阪で生まれた野外コンサートです。

春一番は、素晴らしい音楽に包まれて、春風を感じれる、これまた素晴らしいイベント。
今年もGWに連日開催されます。是非ご家族でお出かけください。

四代目は、こんな風に風を感じれる家づくりを、目標にしています。
ひとも、家も、音楽も、風とおしよく!

「MorePictures!」WEBalbumもCHECK!
[PR]

by oootsu | 2009-05-01 08:39 | ☆四代目のB面

[side-B]感謝の気持ち

還暦を迎える、父を想い、海水浴の思い出を詩にしました。
d0076419_1611957.jpg

父であり、上司である、三代目社長が、還暦を迎えました。
内輪話でスミマセン。
一月四日が誕生日でして、正月に、親戚一同でお祝いを。

で、誕生日当日には、夫婦水入らずで、有馬の湯を頂きにいかれました。
その足はというと、還暦にあわせて、あかい車を購入(念願だったようです…)。
しかも、ナンバーは6060。これはこれは、おあとがよろしいようで。

そして、子供たちでも、何か別にお祝いをということで、
四代目も含めた、男四人兄弟は、考えました。

有馬に行ったばかりなので、近くでゆったりと、ということで
徒歩圏内の料亭旅館「人丸花壇」を両親のために、一泊予約。
たまには、贅沢も良いではないかと。
部屋には、仲居さんに頼んで、プレゼントをおいてもらおうと。

そこに、沿える、手紙をフリースタイルで、こしらえる運びと、あいなりまして…

わたくし、俳句がピピピと浮かび、最初はちゃんと、五・七・五・七・七
だったのが、いつのまにやら、七・五・七・七・七・七に。
引き算、洗練の美学を学ばねばなりません。

いいんです。フリースタイルですから。

父は、アナログ人間のため、当日記をみておらんと、その色紙を写真でアップ。
本日、えべっさん詣でのあと、夕食からですので、もうすぐご開帳のはずです…
[PR]

by oootsu | 2009-01-10 16:11 | ☆四代目のB面