大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古材、立てました

d0076419_1430075.jpg

神戸の白川にある、築250年の由緒正しき古民家から輩出された
洗練の古材を用い、皆様に古材のよさを体感してもらうギャラリー
を、目下、こしらえ中であります。

ギャラリー自体が、築80年くらいの町屋のリフォ→ムで、
昨日、もともとの独立柱の変わりに、ふとーい古材を建てました!

直径30cm~40cmの松丸太。
舞の海のお腹廻りくらいはある、太っ腹です。

長さ7mの、松の太鼓梁を、半分に切り、柱に転用しました。
"太鼓"とは、太鼓のように、丸太の背中と、お腹を真っ直ぐにおとした形状をいいます。
"梁"とは、柱と柱を繋ぐ、横架材です。

特にこの梁は、民家の吹き抜けに位置した化粧材。つまり魅せる材でした。
その主役ぶりをちゃんと評価して、大黒柱的位置づけとしました。

かつての大工さんが、下から見上げた時をイメージして、きれいに手鉋(てがんな)
をかけた、下側をよく見える方に向けました。
"木どりと"と呼ばれる、木の癖を読み、長所を伸ばしてあげる目利きも重要です。
d0076419_14231974.jpg

↑もともとの木の癖や、かつての大工さんの手仕事も、リスペクトしながら、
新たに、仕口(凸凹)をこしらえます。よく乾燥して"カチコチ"なので、大変!
d0076419_14233390.jpg

↑写真に映っていませんが、四代目も加わり、四人がかりで。よいしょ、よいしょ。
最後に、込栓を打ち込みます。もとのダボ孔をそのまま使いました。
d0076419_14235059.jpg

↑スポーツマンの引き締まった肉体美のような、木肌。神殿の柱のようにも。
打ち込んだ込栓が「ピノキヲみたやなあ」とは、大工のひとこと。

無駄な脂をそぎ落とした、筋肉マンの腹筋が、割れてムキムキなのと同じように、
長年にわたり、民家を支えた古材は、よく乾き、引き締まっています。
木にとって、この乾燥は非常に重要で、樹齢(山に生えていた年数)と
同じ年月が経った頃、その強度は円熟点に達すると、言われています。

私たちが、扱う無垢材=本物の木材は、古材をはじめとして、その歳のとりかた、
経年変化に趣きがあるのが、最大の特長です。ワインのそれのように、何年もの
というような、お話にもよくなります。

それこそ、わたしたちがめざす「モノから、コトへ」へのシフトなのです。
[PR]

by oootsu | 2009-02-05 14:46 | ★古材ギャラリー珍道中
<< ショウルームのインテリアに仲間... マイベストプロ神戸by神戸新聞 >>