大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

瓦ノミライ

かつて、わたしたちの明石は、瓦の名産地でした。
紅い蛸壺がそうであるように、酸化鉄を多く含む、良質の土は、
沖縄の瓦のように、素焼きでは紅くなります。

備前焼と同じく、1300℃前後で焼ききる工程を踏み、
(その温度に耐えうる良質な土だったのです)凍てにも強く、
阪神間の景色を彩りました。潮焼きと呼ばれる潮を釉薬とした赤瓦は、
明石の旧名、赤石よろしく屋根を鮮やかに飾ったものでありました。

経て、明石瓦は、衰退してしまいました(その歴史は他へ譲るとして)が、
お向かいの淡路は奮闘しておりまして…
甍の代名詞、いぶし銀の、いぶし瓦で名を馳せておりますが、窯元は、
瓦の普及を念頭に、趣向を凝らした取り組みが多数ありますので、ここで紹介。

↓瓦の箸置き
d0076419_1856553.jpg

↓瓦のしずく
※実際の瓦と違い、いぶしの炭素膜を最小限に押え、土本来の吸水性を活かす実験。
d0076419_18572713.jpg

ともに、東京ジャパンホームショーの淡路瓦ブースで頂いたもの。
窯元の安冨白土瓦さんは、鬼瓦のような妻飾り製作、瓦の彫刻体験まで幅広い。
しかも、鉄板焼ならぬ、瓦焼き(瓦の上でお肉を焼く!)な、ごはんやさんまでこしらえて。
また今度、体験ツアーなど企画してみたいですね。→安冨白土瓦さんのHP
d0076419_197345.jpg

そして、こちらは、大栄窯業さんの瓦のコースター。
大塚工務店でも販売しておりますのでお気軽にお声かけください!
他にも瓦雑貨をたくさん輩出しておられます。→大栄窯業さんのHP

また、大塚工務店の参画する、古材のネットワークの中には「古瓦倉庫」という古瓦活用
の仕組みも整えつつあります。なかなかおもしろい取り組みです。→古瓦倉庫HP

以下、その他の地域の瓦ネタを徒然に…
三大瓦産地のひとつ、三州(愛知)では、緑化瓦も。
山陰の名産地石州(島根)では、壁にも床にも地瓦の美しい建物が!
お近くですと、瓦ミュージアムが、近江八幡にありますね。これも美しい。
[PR]

by oootsu | 2009-01-14 19:22 | ×地産地消
<< お知らせ [side-B]感謝の気持ち >>