大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地産池消ここにあり

わたしたちが扱う「古材」は究極の無垢材とか言われたりしますが、
その要因のひとつに、よく乾燥した「良質な国産材」という側面があげられます。

かつては、裏山の木々を、何年も自然乾燥して、熟練の大工が、
その性を活かしきり、一棟の民家をつくりあげました。
その土地に育った木々は、あたりまえですが、その土地の気候にあっています。
そしてまた、次代のために、きこりが木を植える。そんな循環がちゃんとあって。
しかもそれは、そんなに遠い昔のことではありません。

経て、工期の短縮、外材の到来を受けて、どの業界にも地産池消の心意気は
風前の灯です。

だけれども、そんなことはない。ちゃんと受け継がれているのです。
以下にいくつかの事例を。

わたしたちが「古材」を扱うのも、兵庫に育ち、兵庫で守られた木材を
また改めて、「兵庫」で使う、活かす。そんな「地産地消の気概」もあったりするのです。

<炭を焼く>
太閤秀吉の頃より、菊炭と呼ばれ名声を博した、良質な炭づくり。
<木臼を彫る>
少し前に、養父市にある岩崎という谷の村に、きこりワークショップに参加。
実際に桧の大木を切り、自然の強さや、こわさ、そして、やさしさを学びました。
その時にわたしたちを、もてなしてくれた才木さんは、郷土の技を受け継いでおられます。
ケヤキ丸太を磨いて、きれいな木臼をこしらえています。
その出来栄えはもちろん、その仕事ぶりも、なんとも誇らしいかぎりで。
[PR]

by oootsu | 2008-12-22 12:05 | ×地産地消
<< genmai&vegetabl... 大塚工務店の歴史 >>