大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お花教室と茶室のある家【再生M邸/改築】

ご実家の隣に古くからあった平屋。離れと呼ばれた今は亡きおばあちゃんの木の家に、お孫さんにあたる真希さんが新たな息吹を吹き込みました。
d0076419_0404364.jpg
週末にお花やお茶の教室を営んでいた真希さん。しかしながら、そのほとんどが、物置と化している家の中で、奥の和室とその前室の板間を使ってのささやかな教室でした。

「明るく広々楽しいお花教室にしたい」「茶室という名の広間は、法事にも使えるよう可変性を持たせて」そんな訳で、私たちはお施主様と楽しみながら、この小さな家の模様替えを始めました。

瓦屋根と外壁はほぼそのままに、内部は全て壊してやり直し。窓の位置やサイズも変えた大きめの改造です。玄関の古い桜の上框は、はずして削って再利用。あわせて床材も桜に。一間半の間口の小部屋ふたつを、天井裏の補強と、北山杉のまあるい磨き丸太柱を立てることで、二間間口の広々お花教室に。奥の茶室や水屋は開け放つことで一室利用も可能に。


玄関  奥が茶室、手前はお花教室、庭先にあった百日紅の老枝を手すりに
d0076419_22435354.jpg


玄関見返し  錆御影石削りだしの蹲踞(つくばい)と踏石を設えた  
d0076419_22461592.jpg

 
お花教室入口  建具は型板硝子二枚を合わせ、間に押花に見立てた草花を封じた  
d0076419_23425544.jpg


お花教室  構造変更に際し、杉の磨き丸太を大黒柱として建てた
d0076419_23444629.jpg
d0076419_2343539.jpg


廊下  天井をはがして小屋組を現した 仕上には土佐和紙を貼り上げている
d0076419_23421794.jpg


茶室  水屋を隣接し、導入となる板間とは、襖四枚を引込むことで一体利用も
d0076419_2346411.jpg


水屋
  オーダーしたステンレス水切を落とし込み、すのこは敷地内の竹であつらえた
d0076419_23464373.jpg


設え
  新たに炉を切り、躙り口を開けた 実際に敷地袖よりにじり入ることが出来る
d0076419_2347115.jpg


茶室見返し 仏間として、お茶会時の広間として、開け放てば広く使える工夫も
d0076419_2348194.jpg


柱と造作  三方より鴨居がぶつかる 欄間は敢えて野暮に皮付の挽き板を充てた
d0076419_23483354.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-10-06 22:41 | ++事例→リフォーム
<< 龍野にて。 秋色 >>