大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秋の木育体験講座’14

2014年、秋の木育体験講座は、初心に帰って、吉野杉のマイ箸つくりと、木と民家と庭の話。古材ギャラリー博美園にて。

奈良の吉野は、今も昔も木材としての杉や桧の名産地で。日本の林業のはじまりの地として知られ、特に杉材はすんばらしい逸材ぞろいです。

木こりから、譲り受けたその逸材を余すところなく使い切るために、丸太を角材や板におとす製材所の皆さんは、手間を惜しみませんでした。

かくゆう、廃材ではなく、丸太から木材を取り尽くした、最後の端材を、わざわざ手間をかけて、細かく挽いて削って割り箸を作ったのです。もちろん今ま作り続けられています。

出処は持続可能な日本の人工林ですから、本来は使って減らそうCO2運動の通り、使ってまた木を植えれば、マイはしでなく、割り箸でも環境負荷は多くありません。

ワークショップでは、外材の乱伐による割り箸利用との違い、大切に使いつづけるマイ箸としての在り方など、各々をごっちゃにせず、ちゃんと分別をつけてもらいながらの作業です。

会場の博美園は、地域と繋がるまちの縁側として、住文化を伝える大塚工務店のギャラリーとして、広くまちに解放しています。

また、100年近い築年数を持つ民家でもありますので、赤味を増した木肌など素材の経年変化の味、風が吹き抜ける土間としての通り庭の存在、北側の中庭の緑など、本来の町家の持つ特性もお話しをしました。
d0076419_16252183.jpg

d0076419_16252138.jpg

d0076419_16252290.jpg

d0076419_16252359.jpg

d0076419_16252423.jpg

d0076419_16252433.jpg

d0076419_1625254.jpg

d0076419_16252723.jpg

d0076419_16252848.jpg

d0076419_16252967.jpg

d0076419_16253056.jpg

d0076419_16253144.jpg

d0076419_16253258.jpg

d0076419_16253384.jpg

d0076419_16253421.jpg

[PR]

by oootsu | 2014-11-09 16:04 | ×木育
<< 謹賀新年2015 まちをつなぐ >>