大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

震災お見舞い申し上げます。

2011.03.16

建築業に従事する人間として、また一日本国民として、被災地の安全と安心をお祈りいたします。

西日本の建築資材状況も、既に一部ひっぱくしつつあります。しかしながら、その多くが日用品と同じく、買いだめ需要の可能性が高いのも事実。もちろんお施主様のご理解を得ながらですが、必要最低限の需要を求めながら、災害復旧や復興に向けての需要を最優先すべきかと。

その両方を満たすには、やはり、むげな買いだめには踏み切ってもらいたくありません。私たちの職人や従業員の実務のため、なにかをつくるには、もちろん素材が必要ですが、落ち着いて、全うな倫理観のもとで業務を行いたいものです。

在庫を抱えるのが、困難な昨今ですが、災害時にお客様や地域の皆様のご期待に沿うには、日頃からの蓄積が必要であると改めて感じておる次第です。

日々目に入れるのが痛いような映像をみるにつけ、力になれない憂鬱や、躁に近い気持ちの高揚が抑えきれないところもあります。しかしながら、落ち着いて粛々と目の前の業務を遂行し、災害支援への準備を心掛けながら、出番がくるまで待つこと。
に徹していく所存です。

工事中、計画中の皆様には、納期・工期のご協力をお願いすることがあるかもわかりませんが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

企業努力として、代替品の検出もしていっております。

皆様方には、平常心の維持を切にお祈り申し上げます。

必要のないものは、買わない。

d0076419_1737635.jpg

[PR]

by oootsu | 2011-03-16 17:21 | ◎地震のこと
<< 日本経済を支えるのは、今、元気... 自分たちにもできること >>