大塚工務店の仕事


四代目より、大塚工務店の「これまで」と「これから」を。
by oootsu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
ようこそ、ようこそ。
<下のカテゴリを目次に!>創業大正十三年/こちら株式会社大塚工務店/お住まいの具合はいかがですか
→大塚工務店HPはこちら
(( 竣工事例もこちらから ))

兵庫県明石市を拠点とする
老舗工務店です。
→→→所在地はこちら。
古材を活かし、新しく建てる。
→→→古材倉庫
「ヴィンテージ店」

オール電化もっと身近に。
→→→関西電力
「はぴeビルダー会」

安心快適リフォーム中。
→→→Pnanasonic
「わが家、見直し隊。」

すきやねん。
ほっこり木の住まい。
→→→木の図鑑
木の家づくり、
愉しんでみませんか。
→→→木心庵さんの木を知る
→→→不思議!木ねんど
→→→素敵!おもしろネジ
→→→木net木づかい運動
→→→住まいのあれこれ
→→→住まいのお手入れ
→→→宮崎は木材もあつい
→→→わたくし美術館って?
ASPアクセス解析
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のコメント
すごい! この柱も、施..
by ちーぼー at 19:26
すごい!! この机、め..
by cieli at 19:16
こちらこそ、家つくりのご..
by 四代目 at 17:58
加古川のFです。 急な..
by M.F at 16:42
私も時々MOKいってます..
by oootsu at 20:02
ご無沙汰してます。福井の..
by 山田健太郎 at 20:23
そんなええ隠し財産があっ..
by Tacomoku at 20:26
Instagramでは世..
by yamamoto-archi at 23:44
淡路島の安冨白土瓦です。..
by かわらや at 00:29
ハチヨウビさま、コメント..
by 四代目 at 18:17
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大塚工務店の歴史

木の建築四代、もうすぐ一世紀。ためになる木の建築つくりを重ねて。

大塚工務店は、大正十三年に大塚建築として、発足しました。初代大塚為三郎が、開業したこの年、後に二代目となる大塚一清が誕生しています。この二代目が、私四代目の祖父にあたり、初代は曽祖父にあたるわけです。初代は、大工でもあり、自ら鋸(のこ)を揮(ふる)いましたが、二代目からは、現場を指揮し、各職方をコーディネイトする親方となりました。

曽祖父、祖父、父、わたしと、人と地域に育てて頂いて、現代へとつづく四代目になります。家の瑕疵担保責任保険という保証制度が義務化された昨今ですが、大塚工務店では初代の時のから「住まいの一生をお世話すること」をその務めとしてきました。家は建てたらお仕舞ではなく、人が住んでから始まるものです。祖父の代より大切に住み継がれた家を手入れしていると、よくも丁寧な仕事を、と感心することも少なくありません。家が教えてくれる…それが、大塚工務店の財産であり、住まい手の皆さんのおかげさまの歴史です。

初代は為三郎と云いますが、自らの名前を引き合いに、建築という仕事を通じて人の「為(ため」になることを銘に掲げました。棟上げの時に羽織る法被の背中には「為(ため」と染められた座右の銘が踊っていたと聴いています。家守り四代。人の一生と、家の一生とを重ねながら、これからもこの地で、木の建築の仕事を続けて参ります。

写真は、初代為三郎、御年40才の頃のもので、明石高等女学校(兵庫県立明石南高校の前身)の在りし日の雄姿です。

↓明石高等女学校第2棟、上棟(昭和15年3月撮影)。大塚組の看板が見えます。
d0076419_21341572.jpg

↓明石高等女学校第2棟、竣工(昭和20年9月25日撮影)。下見板張で異人館のよう。
d0076419_21443046.jpg

第1棟が、昭和13年10月に(為三郎38歳)、
第2棟が、昭和15年09月に(為三郎40歳)、
第3棟が、昭和16年11月に(為三郎41歳)、竣工という記録が残っています。


そして、時は流れ、四代目は、建築設計事務所勤務を経て、家業の工務店へ。
木のDNAのおもむくままに、社長である三代目の親父と共に、日々、力こぶを入れて頑張っています。全ては、お客様の喜ぶ顔を見たいから。ものづくりの原点を見直す毎日です。

そして、四代目は思うのです。

とうちゃん、じっちゃん、ひいじいちゃんの大きな背中とお腹を敬う今日この頃。 商うことはムツカシイ。 でも、ケンチクはタノシイ!

↓さらに時代は遡り、昭和12年6月、為三郎37歳の頃の写真。
 旧人丸小学校木造校舎の上棟式。
d0076419_2158458.jpg

どうぞ。写真をくクリックの上、大きくしてご覧ください。

初代の為三郎の名の通り、世の中の「為」になることを実践しながら、まちの「為」になる建築、住む人の「為」になる住居つくりに邁進しています。

[PR]

by oootsu | 2008-12-19 21:48 | ×創業大正13年の歴史
<< 地産池消ここにあり NPO本日承認されました >>